上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ActionScript3.0を使用して文字列(ストリング)の比較をメモ書き程度に。

Perlの文字列比較は、eq、ne、lt、gtなど使うし・・・・
PHPでは、===、!=、<>など・・・詳しくは下記URL参照。
http://www.php.net/manual/ja/language.operators.comparison.php
JAVAでは、equals、compareToなどを使うし・・・言語によって結構違うのでメモします。

スポンサーサイト



EclipseでJava開発の時に、コードにTODOやFIXMEを入れてタスク一覧に表示される機能を使用していたのですが・・・
Flex Builder 3で開発している際、ActionScriptやMXMLのコードにTODOやFIXMEを入れてもタスク一覧には表示されず・・。
ということで、Flex Builder 3でActionScriptやMXMLコード中のTODO/FIXMEを表示させる手順をご紹介します。




Flex3 で作成したSWFファイルをTomcat等を使用せず、
直接ローカル(FlashPlayer)で実行した場合にエラーが発生。
エラーの回避策を記載していきます。




YUIツールチップを利用して、本ブログにツールチップ機能を追加してみます。



本ブログ(FC2)にYahoo! User Interface Library(YUI)が提供するカレンダーで提供されているオプションを指定してカレンダーをカスタマイズしてみます。



YUIを利用したカレンダーの表示


本ブログ(FC2)にYahoo! User Interface Library(YUI)が提供するカレンダーを表示してみます。



リソースバンドル(ResourceBundle)を使用してアプリケーション実行後のイベントでリソースを切り替える方法をメモします。




Validatorを使用せずにツールチップ(エラーヒント)を表示する方法を記載します。

標準のValidatorを使用した場合、エラーのコントロールにマウスオーバーで
ツールチップ(エラーヒント)を表示させることができるが、

マウスオーバーなしにツールチップ(エラーヒント)を表示させる方法はないものか?
と思ってツールチップ(エラーヒント)を生成する処理を作ってみました。



FlexのエラーチェックとしてValidatorを使うことがあると思いますが、
エラーとなったコントロールにマウスオーバーでツールチップ(エラーヒント)が表示されます。

用途によっては、これを表示させたくないという場合もあるかと思います。
これを非表示にする方法を記載します。




TextInputコントロール内に入力する項目を出力する為の
カスタムコンポーネントを作成してみました。

入力フォームで利用するといい感じに見えそうですね。



PHPで呼ばれたメソッド名を取得し、関数名(メソッド名)と同じテンプレートファイルを呼び出す時になどに使用します。




FLEX3を使用して多言語対応を行う方法をメモ程度に記載します。




FC2ブログでYUIを利用する方法


FC2ブログを利用していて、YUIライブラリを自サイトにアップして利用する方法を記載します。
かなり面倒な所があるので、下記(参考サイト)も参照してください。

参考サイト


【AJAX】Serving YUI Files from Yahoo! Serversの利用




Serving YUI Files from Yahoo! Serversについて


YUIライブラリをダウンロードして自分のサイト(ブログ)に取り込まなくても、必要なライブラリのURLをSCRIPTタグのSRC属性へ記述するだけで利用する方法です。
http://developer.yahoo.com/yui/articles/hosting/?dragdrop#configure




AJAX Yahoo! User Interface Library(YUI)


Yahoo! User Interface Library(YUI)は、Yahoo!が提供するJavaScriptライブラリです。
YUIのユーティリティやコントロール群を利用する事で、使いやすい対話的なWEBアプリケーションを簡単に作成する事ができます。
ボタンやカレンダー、ツリービューといったウィジェットに加え、アニメーションやドラッグアンドドロップ用のユーティリティなど様々なコンポーネントが提供されています。
本ブログでは、YUIを使用してブログをカスタマイズしたり機能を紹介したりしていきます。




TileListのコンポーネントを使用して画像一覧を出力するような
サンプルを作成してみました。




FlashDevelopの上部メニューを日本語化するファイルを提供して下さっているすばらしい方がおられましたので日本語化の方法を記載します。



元々FlexBuilderを体験版で使用していてデザインビューが画面確認に便利だったから
FlashDevelopでもデザインビューが出来ないものか探してみました。

以下のサイトにてプラグイン「Flex Design View」を発見したので試してみる。
使えるかな。。。




FlashDevelopを用いてFlex3の新規プロジェクト 作成手順を書いていきます。



Flex3の開発時、コマンドプロンプトでコンパイルして作成するのが面倒なのでフリーのFlashDevelopを使ってみます。



ここでは、PostgreSQLへの接続方法を記載していきます。



Windows環境へZendFrameworkをインストールする手順を記載します。
※前提:Apache、PHP共にインストール済み



ZendFrameworkを使用して開発しているので、ZendFrameworkについて色々記載していきます。
まずは基本のディレクトリ構成から。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。