上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前回の記事に引き続きZendFrameworkのZend_AMFを使ってFlex3とPHPの連携を試していきます。
今回は、ActionScriptでNetConnectionを使って接続する方法ではなく、
MXML上にRemoteObjectを記載して接続する方法を試してみます。

前回の記事はこちらを参照ください。
【ZendFramework】Flex3とPHPの連携(Zend_AMF編)
スポンサーサイト



前回の記事に引き続きZendFrameworkのZend_AMFを使ってFlex3とPHPの連携を試していきます。
前回の記事についてはこちらを参照ください。
http://studynet.blog54.fc2.com/blog-entry-53.html




前の記事でFlex3とPHPの連携(AMFPHP編)をご紹介しましたが、
http://studynet.blog54.fc2.com/blog-entry-49.html
今回ZendFramework1.7よりサポートされるようになったZend_AMFで試したいと思います。




ActionScriptでSharedObjectを試したの簡単なサンプルとソースコードをご紹介します。



EclipseでSubversionを使用して、レポジトリからチェックアウトしようとすると下記エラーが発生。
「Unable to load default SVN Client」
使用している環境は、下記の通りです。
・Eclipse Platform Version: 3.4.1
・subclipse 1.4.7




ActionScript3.0で新しく導入されたis演算子とas演算子についてメモします。




クライアント向けにFlexで画面を構成し、サーバー側の処理をPHPで実現する方法を試してみます。
今回はインストールが簡単なAMFPHP(AMF:Action Message Format)で試してみたいと思います。
ZendFrameworkでも1.7よりAMFがサポートされるようになりましたが・・・まずはAMFPHPを試します。

Zend_AMFのドキュメント
http://framework.zend.com/manual/ja/zend.amf.html

Zend_AMFも試したので・・・下記も合わせて参照してください。
【ZendFramework】Flex3とPHPの連携(Zend_AMF編)-ZendFrameworkの準備
【ZendFramework】Flex3とPHPの連携(Zend_AMF編)




コンテナ(Canvas、TitleWindow)内にViewStackを用いている場合、
ViewStackの子コンテナサイズに合わせて親コンテナのリサイズ方法を記載します。




TextInputでパスワードの入力時に、「*」表示に変更する方法を記載していきます。




ログイン、入力フォームなどでTextInputが使用されますが、
利用者がよりスムーズに入力出来るようにIMEModeの指定方法と種類を
記載していきます。





Zend_DBを使用してDB接続方法を以前試しましたが、今回Select文を発行しデータを取得する方法を試してみます。



以前から気になっていたCoverFlow ライブラリを使ってみました。




ライブラリを用いて、使い勝手の良さそうなフォームを作ってみました。
使用ライブラリはFlexLibとDegrafaです。




Flexでグローバル変数宣言・・・今後使うことになるかもしれないので調べてみることに。。
意外と簡単にできたのでご紹介。




MXMLファイルにRemoteObjectを記載する方法ではなく、ActionScriptでRemoteObjectの呼び出す方法をメモ書きします。




Flex3のViewStackを使ってアプリケーションでよくある会員登録の画面遷移部分を試してみたいと思います。
本サンプルはただ画面遷移するだけで、処理は何も入れてません。今後徐々に入れていこうかなと。



ViewStackを使用して子コントロール(複数のキャンバス等)を切り替えることが
あると思います。
その時ViewStackの設定がデフォルトのままだと、一度も表示していない子コントロールに
アクセスしようとすると「対象コントロールはNullオブジェクト」というエラーが出力されます。
(一度でも表示していればインスタンス化される為、エラーとはなりません。)

これを回避するためにはcreationPolicyプロパティを使用します。
サンプルを用いて使用方法とその効果を記載していきます。




「ボタンなどの制御により、コントロールを表示・非表示に変更したい」
または、「表示には出したくないけど、処理用としてコントロールを使用したい」
って時があると思います。

各コントロールのVisible設定のみをTrue・Falseで変更すると
表示上は見えなくなりますが、レイアウトとしては残ってしまいます。

これを解決する為には、プロパティの「includeLayout」を使用します。
サンプルを用いて使用方法とその効果を記載します。





Javaの開発でよくEclipseを使用していたので、PHPの開発にもEclipseを使用してみることに。



SAStrutsを使用してVelocityを使えないか・・・とりあえず動かしてみることに。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。