上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




アプリケーションの設定値、例えばテンプフォルダのパスや固定値などまとめて持たせたい時にZend_Config_Iniを使用します。
とっても簡単に設定・読み込みが可能になります。


configファイルの作成


データベースの接続文字列をconfigファイルに保存してみます。
[database]adapter = Pdo_Pgsql
params.dbname = test_db
params.host = localhost
params.username = user
params.password = passward

configファイル読み込みクラスの作成


<?php
require_once 'Zend/Config/Ini.php';
class ConfigManager {
/*
* 設定ファイルの保存場所格納
*/
var $config_path = "config.ini";
/*
* コンフィグ情報を取得します。
*/
function getConfig($params){
$config = new Zend_Config_Ini($this->config_path , $params );
return $config;
}
}
?>

configファイル読み込みクラスの呼び出し


$configManager = new ConfigManager();
$config = $configManager->getConfig('database');

echo $config->database->params->dbname;
上記で「test_db」が出力されます。 少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。