上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ActionScript3.0を使用して文字列(ストリング)の比較をメモ書き程度に。

Perlの文字列比較は、eq、ne、lt、gtなど使うし・・・・
PHPでは、===、!=、<>など・・・詳しくは下記URL参照。
http://www.php.net/manual/ja/language.operators.comparison.php
JAVAでは、equals、compareToなどを使うし・・・言語によって結構違うのでメモします。



文字列(ストリング)の比較


ActionScriptで文字列を比較演算子は「<、<=、!=、==、=>、>」などの種類があり条件式などで利用します。

文字列(ストリング)の比較サンプルコード


無理矢理なサンプルですが・・・実際のコードと動きを紹介します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" creationComplete="test()">
<mx:Script>
<![CDATA[

private function test():void {
var str1:String = "A";
var str2:String = "B";
var str3:String = "A";

lbl1.text = "1.A < B = " + (str1 > str2).toString();
lbl2.text = "2.A < B = " + (str1 < str2).toString();
lbl3.text = "3.A <= B = " + (str1 <= str2).toString();
lbl4.text = "4.A >= B = " + (str1 >= str2).toString();
lbl5.text = "5.A == B = " + (str1 == str2).toString();
lbl6.text = "6.A == A = " + (str1 == str3).toString();
lbl7.text = "7.A != A = " + (str1 != str3).toString();
}

]]>
</mx:Script>
<mx:VBox>
<mx:Label id="lbl1" fontSize="12"/>
<mx:Label id="lbl2" fontSize="12"/>
<mx:Label id="lbl3" fontSize="12"/>
<mx:Label id="lbl4" fontSize="12"/>
<mx:Label id="lbl5" fontSize="12"/>
<mx:Label id="lbl6" fontSize="12"/>
<mx:Label id="lbl7" fontSize="12"/>
</mx:VBox>

</mx:Application>


文字列(ストリング)の比較 動作サンプル


上記サンプルコードを実行した場合の動作サンプルです。
少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。