上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Javaの開発でよくEclipseを使用していたので、PHPの開発にもEclipseを使用してみることに。


PHP統合開発環境(PDT)のダウンロード


PDT(PHP Development Tool)はEclipse Foundationから提供されているPHPエンジニア向け統合開発環境。
今回はPDTを使いPHPの開発環境を作成します。
http://www.eclipse.org/pdt/downloads/

ちなみに「PDT and Zend Debugger」→ 「Download all-in-one for Windows」→ 「pdt-2.0.0GA_debugger-5.2.15.v20081217-all-in-one-win32.zip」をダウンロードしました。

PHP統合開発環境(PDT)のインストール


ダウンロードしたファイルを解凍し、適当な場所に設置するだけでインストールは完了です。
※Eclipseを動作させるためにはJAVAが必要です。Eclipseを起動させる前に下記よりJAVAをインストールしてください。
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

PHP統合開発環境(PDT)の日本語化


上記でインストールしたEclipseは英語版のままなので、日本語化をします。
http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/pleiades.html
上記URLの中段「Pleiades 本体ダウンロード」より安定板「1.2.3(記事記載時)」をダウンロードします。

インストール方法については、上記解凍したファイル中に「readme.txt」があり、日本語で詳しく書かれています。
「features」「plugins」ディレクトリをコピーして、eclipse.iniを修正するだけで日本語化ができるようです。 少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。