上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




MXMLファイルにRemoteObjectを記載する方法ではなく、ActionScriptでRemoteObjectの呼び出す方法をメモ書きします。



MXML中にRemoteObjectを記載する方法



<mx:RemoteObject id="serverConfirm" destination="flexService">
<mx:method name="getData" result="getListResultHandler()" />
</mx:RemoteObject>

destination="flexService"はRemoteObjectで呼び出すクラス名を記載します。
mx:method name="memberLoginIdCheck"は実際に呼び出すメソッド名を記載します。

上記MXMLファイルへの記述をActionScriptに記載すると下記のようになります。

ActionScript中にRemoteObjectを記載する方法



<?xml version="1.0"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml">
<mx:Script>
<![CDATA[
import mx.rpc.remoting.RemoteObject;
import mx.rpc.events.ResultEvent;
import mx.rpc.events.FaultEvent;

public var myRemoteObject:RemoteObject;

public function myRemoteObject():void {
myRemoteObject = new RemoteObject();
myRemoteObject.destination = "flexService";
myRemoteObject.getData.addEventListener("result", getListResultHandler);
myRemoteObject.getData();
}
public function getListResultHandler(event:ResultEvent):void {
resultStatus=event.result;
}
]]>
</mx:Script>
<mx:ComboBox id="deptComboBox"/>
</mx:Application>

こんな感じです。
少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。