上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Flexでグローバル変数宣言・・・今後使うことになるかもしれないので調べてみることに。。
意外と簡単にできたのでご紹介。



Applicationコンテナへグローバル変数宣言



<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" height="100" width="200"
xmlns:view="*">
<mx:Script>
<![CDATA[
public var globaltest:String = "グローバル変数宣言";
]]>
</mx:Script>
<view:sample_flex />

</mx:Application>


Applicationコンテナから呼び出されている別MXMLファイル(sample_flex)のサンプルは下記です。


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Canvas xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml">
<mx:Script>
<![CDATA[
import mx.core.Application;
]]>
</mx:Script>
<mx:Text text="{Application.application.globaltest}"/>
</mx:Canvas>


とっても簡単ですが、Applicationコンテナで変数宣言し、それを他のMXMLから「Application.application.変数名」で取得します。

Applicationコンテナへグローバル変数宣言 動作サンプル


少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。