上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ActionScriptでSharedObjectを試したの簡単なサンプルとソースコードをご紹介します。


ActionScriptのSharedObjectとは?


詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.adobe.us/livedocs/flex/3_jp/langref/flash/net/SharedObject.html
今回のサンプルは、SharedObjectのローカル共有オブジェクトを使用しています。
ローカル共有オブジェクトは、ブラウザのCookieに似ています。

ActionScriptのSharedObjectサンプルソース



<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" height="300" width="364" initialize="setlblString()">
<mx:Script>
<![CDATA[
import flash.net.SharedObject;

private var mySharedObject:SharedObject;

private function goSharedObject(text:String):void {
mySharedObject = SharedObject.getLocal("sample");
mySharedObject.data.sample = text;
//RemoteObjectに書き込み
mySharedObject.flush();
}

private function setlblString():void {
mySharedObject = SharedObject.getLocal("sample");
if (mySharedObject.data.sample == null) {
lbl1.text = "SharedObjectに値が登録されていません。"
} else {
lbl1.text = mySharedObject.data.sample
}
}
private function clearSharedObject():void {
mySharedObject = SharedObject.getLocal("sample");
//RemoteObjectをクリア
mySharedObject.clear();
}

]]>
</mx:Script>
<mx:TextInput id="text1"/>
<mx:Button label="RemoteObjectに文字列を登録" click="goSharedObject(text1.text)"/>
<mx:Label id="lbl1" />
<mx:HBox>
<mx:Button label="再描画" click="setlblString()"/>
<mx:Button label="RemoteObjectをクリア" click="setlblString()"/>
</mx:HBox>

</mx:Application>


ActionScriptのSharedObjectサンプル


■使い方説明
テキストボックスに文字列を入力し「RemoteObjectに文字列を登録」ボタンを押下すると、
SharedObjectを使いローカル共有オブジェクトに保存します。
次に、「再描画」ボタンを押下すると、ローカル共有オブジェクトに保存された文字列が表示されます。
(一度、ブラウザを閉じて再度本サイトにアクセスすると文字列が残っていると思います。)
最後に、「RemoteObjectをクリア」ボタンを押下するとローカル共有オブジェクトに保存した文字列を削除します。
もう一度、「再描画」ボタンを押下すると、初期設定文字列が表示されます。
(ブラウザを閉じて再度本サイトにアクセスすると文字列が初期設定文字列が表示されます。)
少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。