上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前回の記事に引き続きZendFrameworkのZend_AMFを使ってFlex3とPHPの連携を試していきます。
前回の記事についてはこちらを参照ください。
http://studynet.blog54.fc2.com/blog-entry-53.html



Flexから呼ばれるPHPサービスクラスの生成(サーバー側の処理)


Zend_AMFを使う部分以外は、AMFPHPで作成したソースと同じです。

ちなみにApacheのDocumentRootは下記になっています。

DocumentRoot "C:/Program Files/Apache Group/Apache2/htdocs"

■設置場所:C:/Program Files/Apache Group/Apache2/htdocs
■ファイル名:index.php

<?php
require_once 'Zend/Amf/Server.php';
require_once 'HelloWorldService.class.php';

$server = new Zend_Amf_Server();
$server->setClass('HelloWorldService');
$response = $server->handle();
echo $response;
?>


実際に処理を行うサービスクラスを作成します。
(AMFPHPで作成したコードと同じです。設置場所だけ違うかな。)
■設置場所:C:/Program Files/Apache Group/Apache2/htdocs
■ファイル名:HelloWorldService.class.php

<?php
class HelloWorldService {
/**
* 文字列を返します。
*/
public function getHelloString () {
return 'Hello World Flex PHP!! ';
}
}
?>


PHPを呼び出すFlexの作成(画面表示)


ここからはAMFPHPと作成するコードがまったく同じになるため省略します。。

http://studynet.blog54.fc2.com/blog-entry-49.html
詳しくは上記URLの「PHPを呼び出すFlexの作成(画面表示)」をご覧ください。

参考になったサイト


■ZendFramework Documentation 3.2. Zend_Amf_Server
http://framework.zend.com/manual/ja/zend.amf.server.html#zend.amf.server.flash

■PHPBuilder.com Remote objects and Zend_Amf
http://www.phpbuilder.com/columns/richard_bates20081107.php3?print_mode=1
少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。