上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Flex開発のサーバーサイド連携方法として、PHPで試していましたが、
今回JAVAでも挑戦したいと思います。
試す環境は、Java側はEclipseを使用してFlex側はFlashDevelopを使用します。
FlexBuilder3を使用したかったのですが、有償である事(お金がない)と無償版でも60日間のみなので、いずれ使えなくなるのでFlashDevelopを使用します。

記事が長くなったので、3回に分けて記載します。
【Flex】JAVAとFlexの連携1(S2BlazeDS 設定編)
【Flex】JAVAとFlexの連携2(JAVA編)
【Flex】JAVAとFlexの連携3(Flex編)



PHPで試したい方は下記を参照ください。
【ZendFramework】Flex3とPHPの連携(Zend_AMF編)
【Flex】Flex3とPHPの連携を試す(AMFPHP編)

JAVAとFlexの連携 S2BlazeDS JAVA側の準備


FlexとJavaの連携で今回は、SeasarプロジェクトのS2BlazeDSを試したいと思います。
S2BlazeDSは、BlazeDSとSeasar2を連携させるためのフレームワークです。

参照サイト

The Seasar Project
S2BlazeDS Project

S2BlazeDSのダウンロードからセットアップ


下記記載している手順で順次ダウンロード、インストールを行ってください。
■Turnkey(turnkey_3-0-0-544.zip)
 下記URLより「turnkey_3-0-0-544.zip」をダウンロードし、解凍してできたディレクトリを適当なディレクトリに移動します。
 例:C:\turnkey_3-0-0-544
■S2BlazeDSサーバ雛形
 下記URLより「S2BlazeDSサーバ雛形」をダウンロードします。
 ①Eclipseを起動し、新規JAVAプロジェクトを作成します。(例:プロジェクト名=flexsample)
 ②作成したプロジェクトを右クリックし、[インポート]→[一般]→[ファイルシステム]→ソースディレクトリにダウンロードしたディレクトリを指定し、リソースを全てチェックし[終了]ボタンを押下します。
 
S2BlazeDSダウンロード

次は実際にJAVAのプログラムを記載します。
次の記事:【Flex】JAVAとFlexの連携2(JAVA編)
少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。