上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前回の記事【Flex】JAVAとFlexの連携1(S2BlazeDS 設定編)に引き続き、今度はJAVAのプログラムを作成します。



SAStrutsルートパッケージの指定(convention.dicon)


■src/main/resources/convention.dicon

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE components PUBLIC "-//SEASAR//DTD S2Container 2.4//EN"
"http://www.seasar.org/dtd/components24.dtd">
<components>
<component class="org.seasar.framework.convention.impl.NamingConventionImpl">
<initMethod name="addRootPackageName">
<arg>"sample"</arg>
</initMethod>
</component>
<component class="org.seasar.framework.convention.impl.PersistenceConventionImpl"/>
</components>

上記「addRootPackageName」を「sample」に変更します。

SAStrutsプロジェクト構成

Flexから呼ばれるサービスクラスの作成


■src/main/java
■パッケージ:sample.service
■クラス名:HelloWorldService

package sample.service;

public class HelloWorldService {

public String getHelloString() {
return "Hello World Flex Java!! ";
}
}

FlexとPHPの連携の時に作ったPHPコードをJAVAに置き換えただけの簡単なサンプルです。
getHelloStringが呼ばれるとString型の文字列を返すのみです。

services-config.xmlの編集


FlexBuilder3を使う場合、変更は必要ないですが、FlashDevelopを使う場合編集が必要になります。
■webapp/WEB-INF/flex/services-config.xml
本ファイルの「{server.name}」や「{server.port}」「{context.root}」を自分の環境に合わして置換していきます。
{server.name}→localhost
{server.port}→8400
{context.root→sampleflex

次はFlex側のプログラムを記載します。
次の記事:【Flex】JAVAとFlexの連携3(Flex編)
少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。