上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前回の記事(【Flex】JAVAとFlexの連携2(JAVA編))に引き続き、今度はFlex側のプログラムを作成します。



Javaを呼び出すFlexの作成(画面表示)


MXML上にRemoteObjectで接続します。

■Main.mxml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application width="200" height="200" xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml">
<mx:Script source="Hello.as" />
<mx:RemoteObject id="myservice" destination="helloWorldService" fault="faultHandler(event)">
<mx:method name="getHelloString" result="onResult(event)" fault="onFault(event)" />
</mx:RemoteObject>
<mx:VBox>
<mx:Label text="Hello World!!" id="text1" />
<mx:Button label="JAVAへ送信" click="goRemoteObject()" />
</mx:VBox>
</mx:Application>


■Hello.as

import mx.controls.Alert;
import mx.rpc.events.ResultEvent;

public function goRemoteObject() :void{
myservice.getHelloString();
}
/**
* 結果の取得(成功時)
*/
public function onResult(event:ResultEvent):void {
text1.text = event.result.toString();
}
/**
* 結果の取得(失敗時)
*/
public function onFault(fault:Object):void {
Alert.show(String(fault));
}

public function faultHandler(fault:Object):void {
Alert.show(String(fault));
}


FlashDevelop コンパイルオプションの指定


FlashDevelopを使用してJAVAのサービスクラスに接続するためには、「services-config.xml」をコンパイラオプションに指定する必要があります。【Flex】JAVAとFlexの連携2(JAVA編)この記事でservices-config.xmlの編集をしましたが、ここではコンパイラオプションに指定します。

FlashDevelopのプロジェクトを右クリックし、[Properties]を選択します。
[Compiler Options]タブを選択し、[Additional Compiler Options]に下記を追加します。
※JAVAのプロジェクトの場所は環境に合わし変更してください。

-services C:\flex_java\flex_java\webapp\WEB-INF\flex\services-config.xml





少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。