上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Fedora 10でApacheをインストールしてみます。
ここでは、ApacheでSSL通信をしたい事から、OpenSSLをコンパイルオプションに加えています。
そのため、Apacheインストール前にOpenSSLをインストールしてください。
【OpenSSL】Fedora 10でOpenSSLのインストール



Apache2.2のダウンロード


Downloading the Apache HTTP Server
上記URLの中断にある「Apache HTTP Server 2.2.11 is the best available version」よりUnix Source「httpd-2.2.11.tar.gz」をダウンロード。

Apacheのインストール


ダウンロードしたApacheの移動・展開


[root@*** local]# mkdir /usr/local/httpd-2.2.11
[root@*** src]# mkdir /usr/local/src/apache
[root@*** src]# cp /home/download/httpd-2.2.11.tar.gz /usr/local/src/apache/
[root@*** apache]# tar xzf httpd-2.2.11.tar.gz


ダウンロードしたApache2.2のコンパイルとインストール


☆展開したディレクトリに移動します。
[root@*** apache]# cd httpd-2.2.11

☆コンパイルを行います。
[root@*** httpd-2.2.11]# ./configure --prefix=/usr/local/httpd-2.2.11 --enable-ssl=shared --enable-rewrite=shared --enable-proxy=shared --enable-proxy-ajp=shared

--prefix=/usr/local/httpd-2.2.11は、インストール先を指定しています。
--enable-ssl=sharedは、通信を暗号化するモジュール mod_sslを組み込みます。
--enable-rewrite=shared は、URLを書きかえるモジュールmod_rewriteを組み込みます。
--enable-proxy=shared --enable-proxy-ajp=sharedは、Tomcatとの連携モジュールを組み込みます。
☆インストールを行います。
[root@*** httpd-2.2.11]# make
[root@*** httpd-2.2.11]# make install

☆シンボリックリンクを作成します。
[root@*** httpd-2.2.11]# ln -sfn /usr/local/httpd-2.2.11 /usr/local/httpd


Apache2.2の起動


下記コマンドでApacheを起動します。
[root@*** httpd-2.2.11]# /usr/local/httpd/bin/apachectl start

普通に動くと思ったのですが・・・起動エラーが発生。
httpd: Syntax error on line 60 of /usr/local/httpd-2.2.11/conf/httpd.conf: Cannot load /usr/local/httpd-2.2.11/modules/mod_ssl.so into server: /usr/local/httpd-2.2.11/modules/mod_ssl.so: cannot restore segment prot after reloc: Permission denied
権限が無いとかで怒られる。
googleで「cannot restore segment prot after reloc: Permission denied」を検索してみると結構でてきました。
どうやらSELinuxのセキュリティの問題らしいです。

下記コマンドの後、再度Apacheを起動すると無事起動できました。よかった・・・。
chcon -v -R -u system_u -r object_r -t textrel_shlib_t /usr/local/httpd/modules/mod_ssl.so


Apacheの自動起動もしないとダメだ。。
少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。