上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




前回の記事
【FLEX】FLEXとJAVAの連携S2BlazeDS(データベース接続-JAVA編)に引き続き、今度はJAVA側の設定ファイルを変更します。



SAStrutsルートパッケージの指定(convention.dicon)


■src/main/resources/convention.dicon
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE components PUBLIC "-//SEASAR//DTD S2Container 2.4//EN"
"http://www.seasar.org/dtd/components24.dtd">
<components>
<component class="org.seasar.framework.convention.impl.NamingConventionImpl">
<initMethod name="addRootPackageName">
<arg>"sample"</arg>
</initMethod>
<initMethod name="addRootPackageName">
<arg>"sample.db"</arg>
</initMethod>
</component>
<component class="org.seasar.framework.convention.impl.PersistenceConventionImpl"/>
</components>

「addRootPackageName」を「sample.db」を追加します。

S2JDBCデータベース接続設定(jdbc.dicon)


■src/main/resources/jdbc.dicon
<!-- for PostgreSQL -->
<component name="xaDataSource"
class="org.seasar.extension.dbcp.impl.XADataSourceImpl">
<property name="driverClassName">
"org.postgresql.Driver"
</property>
<property name="URL">
"jdbc:postgresql://localhost:5432/sample_db"
</property>
<property name="user">"postgres"</property>
<property name="password">"postgres"</property>
</component>

接続するデータベースの接続設定を上記のように変更します。

PostgreSQL JDBC Driverのダウンロードと設定


下記URLよりPostgreSQL JDBC Driverをダウンロードします。
PostgreSQL JDBC Driver
ここでダウンロードしたファイルは「postgresql-8.3-604.jdbc4.jar」です。

ダウンロードしたファイルを下記ディレクトリに保存します。
■C:\turnkey_3-0-0-544\lib

これでJAVA側の準備はできました。
次にFLEX側の準備を行います。
【FLEX】FLEXとJAVAの連携S2BlazeDS(データベース接続-FLEX編) 少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。