上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




FLEXを使用して、ポップアップウィンドウを表示するサンプルを作成してみます。
ボタンを押すと別画面をポップアップで表示するだけの簡単なサンプルです。


ポップアップウィンドウ親画面の作成


■ ファイル名:Main.mxml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" width="300" height="200">
<mx:Script>
<![CDATA[
import mx.managers.PopUpManager;
import mx.core.IFlexDisplayObject;

/**
* ポップアップ画面表示ボタン クリック イベント
* @param event
*/
private function onBtnOpenClick(event:MouseEvent):void {
var pop:IFlexDisplayObject = PopUpManager.createPopUp( this, popUpWindow, true);
PopUpManager.centerPopUp(pop);
}
]]>
</mx:Script>
<mx:HBox width="100%" height="100%" horizontalAlign="center" verticalAlign="middle">
<mx:Button id="btnOpen" label="ポップアップ画面表示" click="{onBtnOpenClick(event)}" />
</mx:HBox>
</mx:Application>

ポップアップ画面表示ボタンを押すと、「onBtnOpenClick」を呼び出し、ポップアップ画面の「popUpWindow」を表示します。
別MXMLファイルで「popUpWindow.mxml」を作成し、同じディレクトリに配置しています。

ポップアップウィンドウ子画面の作成


■ ファイル名:popUpWindow.mxml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:TitleWindow xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml"
title="ポップアップサンプル" showCloseButton="true"
width="200" height="100"
close="{onClose()}">
<mx:Script>
<![CDATA[
import mx.managers.PopUpManager;
/**
* ポップアップウィンドウ Close処理
*/
private function onClose():void {
PopUpManager.removePopUp(this);
}
]]>
</mx:Script>
<mx:VBox width="100%" height="100%" horizontalAlign="center" verticalAlign="middle">
<mx:Button id="btnClose" label="閉じる" click="{onClose()}" />
</mx:VBox>
</mx:TitleWindow>

閉じるボタンを押すと、「onClose」を呼び出し、自分自身を閉じています。

ポップアップウィンドウのサンプル

少しでも参考になれば応援お願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。